12月 052014
 

マイナビニュース によると。

ディズニー/ピクサー最新作『インサイド・ヘッド』(2015年7月18日)の特報映像が、ウォルト・ディズニーの誕生日である5日、公開され、『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』などに登場するピクサーの人気キャラクターが勢ぞろいする豪華映像がお披露目された。

『インサイド・ヘッド』は、”人間の頭の中”の世界を描いた感動の冒険ファンタジー。11歳の少女ライリーの頭の中にある、ジョイ(喜び)、アンガー(怒り)、ディスガスト(嫌悪)、フィアー(恐れ)、サッド(悲しみ)の”5つの感情”たちを主人公に描く。

未成熟な”5つの感情”たちの使命は、ライリーを守り、彼女を幸せにすること。公開された特報では、感情たちの行動が、いかにドラマチックな影響を人間に与えるのか、だれにでも起きているごく当たり前の”頭の中の秘密”が明かされる。

そして、特報の前半では、ピクサーの人気キャラクターたちが大集合。『モンスターズ・インク』のマイク、サリー、ブー、『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤー、ウッディ、『ファインディング・ニモ』のニモ、ドリーなど、各作品を代表するキャラクターたちが、それぞれ”5つの感情”に分かれて登場する。予告映像に他キャラクターが登場するのは、ディズニーの歴史の中でも異例の試みとなる。

特報とあわせて、ポスタービジュアルも公開。ライリーの頭の中で、”5つの感情”たちがそれぞれの担当する感情を表現するような表情とポーズをとった、作品のテーマがわかりやすく伝わる仕上がりになっている。

 Posted by at 10:14 AM
12月 022014
 

シネマトゥデイ によると。

 ディズニー製作の最新ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』のビジュアルが公開され、ジョニー・デップのオオカミ姿が披露された。さまざまな役柄に挑戦し、カメレオン俳優とも呼ばれているジョニーだが、アニメ作品の吹き替えを除いて動物を演じるのは初めてのこと。

 本作は、「ウエスト・サイド物語」の作詞家スティーヴン・ソンドハイムが作詞作曲を手掛けたトニー賞受賞の同名ミュージカルを基に、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんなどハッピーエンドを迎えたはずのおとぎ話の主人公たちのその後を描いたミュージカル。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャルが務め、ジョニーは赤ずきんの物語に登場するオオカミ役として出演している。

 今回公開されたビジュアルでジョニーは、オオカミの特徴を捉えたふさふさの耳や尻尾を生やし、ジャケットの袖からは体毛をあふれ出させて、ワイルドな魅力を発揮。また立派なひげと眉毛も目立たせ、彼ならではオオカミ像を仕上げている。

 マーシャル監督は、ジョニーにオファーしたときのことを「『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』で共に仕事をした直後に、オオカミ役を依頼して、すぐにイエスと言ってもらえたのです」と振り返り、彼の魅力について「現在、彼のように本当の意味で独創性を持ち、楽しさにあふれ、大胆でエキサイティングな俳優はいません。言うまでもなく、彼は寛大で優しさにも満ちています」と語っている。(編集部・井本早紀)

映画『イントゥ・ザ・ウッズ』は2015年3月14日より全国公開

 Posted by at 9:33 AM
11月 182014
 

Impress Watch によると。

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは18日、7月16日に発売したBlu-ray+DVDセット「アナと雪の女王 MovieNEX」(4,000円)の売上が、300万枚を突破したと発表した。DVDを含め、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの発売作品で過去最高記録となる。

また、レンタルの回転数は450万回を超え、オンデマンドも45万視聴を突破。ディズニー・スタジオが提供する会員サイト「MoveiNEX Club」の登録数も53万人を超え、デジタルコピーの登録も27万人を突破した。

 なお、11月19日からは「アナと雪の女王 MovieNEX」購入者へ、「“みんなで歌おう♪”版本編無料デジタルコピー」を提供開始。同日にオンデマンドでも配信開始する。配信期間は2015年2月28日まで。また、アナ雪ともう一本のディズニーMovieNEX作品を購入して応募すると、応募者全員に「エルサのスケッチアート」をプレゼントするキャンペーンも実施する。

 Posted by at 6:28 PM
11月 142014
 

カナロコ by 神奈川新聞 によると

 東京ディズニーシー(千葉県浦安市、TDS)でクリスマスのイベント「クリスマスウィッシュ」が12月25日まで開かれている。TDSでは今冬新たに、ロストリバーデルタで色とりどりのランタンが光る「フィエスタ・デ・ラ・ルース」を導入。美しく輝くイルミネーションがゲストの目を楽しませている。

 「願い」をテーマにした水上ショー「カラー・オブ・クリスマス」は、夜のメディテレーニアンハーバーで展開。物語はゲストが船に乗ったミッキーマウスと一緒に、高さ約15メールのツリーに向かって願いを告げるとツリーが輝き始めるというもので、目にした観客からは「ウヮーッ」っと大きな声が上がっていた。

 ほか、パーク内7カ所からクリスマスツリーを運び行われるエンタテインメントプログラム「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」では、暖かそうなケープに身を包んだ人気者・ダッフィーやシェリーメイも登場。愛らしい姿がひときわ大きな歓声を浴びていた。

 Posted by at 10:33 PM
11月 082014
 

ナタリー によると。

AIの「Story(English Version)」が日本版エンドソングに決定しているディズニー映画「ベイマックス」。このたび、日本語の「Story」が使用された映画のプロモーションビデオがディズニー公式YouTubeチャンネルにて公開された。

AIの代表曲「Story」は、“人と人との心のつながり”を歌い上げたその歌詞が「ベイマックス」のテーマとリンクすることから、未発表だった英語バージョンが日本版エンドソングに決定。「Story(English Version)」をBGMに使用した映画の予告編は反響を呼び、「ベイマックス」が伝えるメッセージをよりダイレクトに感じてほしいという思いから、人々になじみ深いオリジナルの「Story」を使用したPVも制作された。

AI本人は「新しい歌ではなく、『Story』を採用してくれたことがすごく嬉しかったです。この曲は、ときに不安だったり孤独だと思うことがあっても、人はいつも誰かとつながっていて決して一人じゃないということ、それと、大切な人を守りたいと強く願う気持ちを込めて作った曲。実際に映画を見て、私が『Story』の歌詞に込めた想いと本当にぴったりで感動しました」と喜びのコメントを寄せている。なお「Story(English Version)」は配信限定シングルとして発売中。

AI コメント
新しい歌ではなく、「Story」を採用してくれたことがすごく嬉しかったです。この曲は、ときに不安だったり孤独だと思うことがあっても、人はいつも誰かとつながっていて決して一人じゃないということ、それと、大切な人を守りたいと強く願う気持ちを込めて作った曲。実際に映画を見て、私が「Story」の歌詞に込めた想いと本当にぴったりで感動しました。ぜひみなさんも『ベイマックス』を観て、「Story」も聴いて、大切な人と温かい気持ちになってほしいと思います。

 Posted by at 12:14 PM