カテゴリー別アーカイブ: フィギュアスケート

羽生結弦が現役続行を表明 前人未到の4回転半跳びたい!3月世界選手権でV目指す

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート男子でソチ五輪、平昌五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が11日、来季も現役続行することを表明した。昨年11月に負った右足首の負傷から復帰を目指す羽生は「日本スポーツ賞(読売新聞社制定)」と「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の大賞を受賞。この日、都内で行われた表彰式を欠席したが、ビデオメッセージで「来季こそGPシリーズを通して優勝を目指します!」と、宣言。悲願の4回転半ジャンプへの意気込みも示した。

 羽生結弦は、来季も勝負の銀盤の上に立つ。昨年11月のロシア杯で右足首のじん帯を損傷し、現在はカナダ、トロントで調整中のため、この日、都内で行われた2つの表彰式を欠席。代わりに流されたビデオメッセージの中で、電撃的に来季への意気込みが語られた。

 「今季はいい演技ができ始めていましたが、ロシア大会でけがをしてしまい、GPファイナル、全日本選手権と欠場となってしまいました。来シーズンこそGPシリーズを通して優勝を目指したいと思います。より一層努力していきます」

 さらに今季中に構成に組み込む予定ながら、けがのため断念せざるを得なかった“夢のジャンプ”にも改めて挑戦を明言。「4A込みのパーフェクトパッケージを目指します!!」。まだ誰も成功していない夢の4回転半ジャンプへの意気込みを記した直筆メッセージが披露された。

 羽生は平昌五輪後、4年後の22年北京五輪挑戦は明言していない。昨年8月に行われた公開練習の際には、残りの現役生活について「終わりが近づいている感覚は?」との問いに「それはあります」と、答えていた。ただ今季はロシア杯での負傷により、GPファイナル、全日本選手権を断念。現状で不完全燃焼であることに加え、「4A」への思いが、来季への思いを駆り立てた。

 すでに氷上練習を再開しており、まずは今季、3月の世界選手権(埼玉)での復帰を目指す。“銀盤のスーパーヒーロー”が描く氷上の軌跡には、まだまだ続きがある。

高橋大輔、公式練習で4回転トウループ着氷

スポーツ報知 によると。

 男子フリー(24日)に向けた公式練習が行われた。22日のSPで2位発進した10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)は、曲かけ練習で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)など3本のジャンプを跳び、全て着氷。ステップなど表現面も曲に合わせて入念に確認した。曲かけ練習後には、フリーで投入を見据える4回転トウループも着氷した。

 5年ぶりに全日本へ出場している高橋は、SPで88・52点をマーク。表現力を示す演技構成点は45・14点の好スコアを出して健在を示した。フリーでも快進撃を続け、2位だった12年大会(札幌)以来、6年ぶりの表彰台を目指す。

 フリーは23番滑走で、24日午後8時55分にスタートする。

“世界一”高橋大輔のステップの秘密

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月、さいたま)の代表選考を兼ねた全日本選手権が今日21日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕する。今季現役復帰し、5大会ぶり出場の男子・高橋大輔(32=関大KFSC)。「世界一」と称されるステップの訳を国際スケート連盟(ISU)テクニカルスペシャリストの山井真美子さん(38)に聞いた。

4回転ジャンプなしで予選会を勝ち抜いた高橋は、唯一無二の滑りで4シーズンのブランクを埋めてきた。復帰後の姿勢をISUテクニカルスペシャリストの山井さんは「『もういいや』がなく、泥臭く練習できる」とたたえる。ステップなど各要素のレベルを判定する専門家の目線から、定期的に助言を送ってきた。

グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯など国際大会で審査する山井さんは、高橋のステップについて<1>難しいステップを踏みながら体の動きを使える<2>音をとれる<3>エッジ(刃)がディープ、と3つの良さを挙げる。「体の動き」とは体幹のバランスに影響が出るところまで、頭から両脚までの各部位をはっきりと使うことを意味し、レベル判定に影響する。多くの選手は「腕から先はすごく動くけれど、エッジにばかり気を取られる」が、高橋は全身を動かしきる。音を捉える天性の才能に加え、ステップ練習時によく転ぶほど「極限まで深くエッジを倒せる。それを誰よりも意識している」ことで、人を魅了する作品になる。

05年NHK杯ショートプログラム(SP)のステップは、最高のレベル4を世界で初めて獲得。それでも今夏の復帰当初、思うように体が動かない様子だったという。長光コーチは「トップ選手なのに、地道に基礎のスケーティングをやっていた」と土台から見直し、西日本選手権フリーでレベル4を獲得。高橋自ら「昔よりステップはうまくなった」と評す武器は熟成し、味の深みを増している。

紀平梨花は3Aだけじゃない…米メディアが「日本の新スターになれる」と称賛した理由

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を破った戴冠は絶大なインパクトを残したが、米メディアは「技術力」と「総合力」を持っていると指摘。「彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」と評している。

「2018グランプリファイナル考:新時代の幕開け」と題し、大会を総括したのは米国のジャッキー・ウォン記者が運営するブログメディア「ロッカースケーティング」だった。

「キヒラが輝く」と小見出しを打った記事では「ショートプログラムでリカ・キヒラはアンストッパブルだった。なぜなら彼女はトリプルアクセルを決め、自動的にほぼ全員に対して基礎点で5点のアドバンテージを得たからだ」と絶対的な武器を持つ16歳を高く評価。「キヒラと、ゲームチェンジャーとなる彼女の3本のトリプルアクセルは3月の世界選手権でも頂点に立つことができるだろう」とし、「もし2つのプログラムをクリーンに演じれば、今の彼女は無敵だ」と早くも世界選手権本命に挙げた。

 さらに、紀平の出現が女子におけるジャンプの高難度化を促すと指摘。「この潜在的支配力は他の選手にここ数年棚上げにしていたより難易度の高いジャンプを完成させるという行動を促すだろう。勝てない相手なら仲間になれ、そうだろう?」と記した。
「新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言
 紀平はSP、フリーで計3本跳び、コンビネーションにしていることも紹介した上で「もし、彼女が継続的にSPで80点以上、フリーで150点以上取るようであれば、他の選手が彼女と競うための唯一の道は3本跳ぶことだ」と言及。紀平と互角の戦いを演じるのであれば、同様に3回転アクセルを3本跳ぶしかないとみている。

 記事では、トゥクタミシェワも含め、3回転アクセルを跳ぶ選手が複数いることが“新時代”と評する理由の一つに挙げ、「まだこれが何かの始まりだと断定するのは早計だが、もしそうなるなら、キヒラが少なくとも新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言し、こう締めくくっている。

「技術的難易度の質の高さと、総合的なスケーティングの質の高さ――それをリカ・キヒラは持っている。彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」

 浅田真央さんの引退以降、宮原知子が牽引してきた日本女子に現れた16歳の新星。3回転アクセルといった「技術力」だけじゃない、スケーターとして「総合力」こそが強さの理由にある。紀平の才能は高く評価されている。

紀平梨花、逆転V 日本人初GPデビューから連勝「本当にうれしい」

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位発進の紀平梨花(16)=関大KFSC=が138・28点、合計205・92点で逆転優勝。日本勢初のGPデビューから2連勝でGPファイナル(12月6~9日、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。SP首位の三原舞依(19)=シスメックス=は134・86点、合計202・81点で2位。平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=は4位だった。

 紀平の心は揺れていた。「どうしよう。脚に力が入らない」。好調だった朝の公式練習から一転、時差ぼけの影響でフリー直前の6分間練習は状態が急変していた。だが、初めての経験にも動じないのが16歳の強さ。「できる限りの演技をしよう。練習と思って」。冒頭の大技3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)で着氷をこらえた瞬間「自分の筋肉では精いっぱい」と感じ取ると、2本目はトリプルアクセルをあきらめ、2回転半―3回転の連続ジャンプに変更して成功。土壇場での冷静さが逆転優勝を引き寄せた。日本勢初のGPデビュー2連勝に「優勝できたことは本当にうれしい。脚に力が入らない状態での最高の演技だったと思う」。

 トリプルアクセルはSPとフリーで成功0本でも優勝する地力を発揮し、浜田美栄コーチも「緊張の中でもできるようになり、少しお姉さんになったかな」と成長を実感した。ジュニア時代から練習や試合の反省点を携帯電話のメモ帳に書き留めてきた努力家は「冷静に判断できたのも経験から。積み重ねたものが身についてきた」と胸を張った。

 ジュニア時代から磨きをかけてきたのはジャンプだけではない。週に2~3回通っているダンススクールは、芸能デビューを目指すような高い意識の生徒ばかりが通っている。日々、高いレベルの中でダンスを学び、表現力を身につけてきた。シニア1年目ながら、芸術面を評価する演技構成点は5項目全てで8点台。地球の誕生をテーマとした「ビューティフルストーム」の雷や波の激しい音とともに、力強く舞った。

 次戦のGPファイナルでは、五輪女王で同学年のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=との直接対決。「完璧の状態で自己ベストを更新できるように頑張りたい」と誓った。