admin のすべての投稿

織田信成、まさかの“羽生超え”名演に米記者大絶賛「今からでも現役復帰プリーズ」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本が2年ぶり9度目の優勝。話題を呼んだのは、プロスケーターの織田信成が現役さながらの演技で176.95点をマークし、貢献したことだった。試合後、ツイッターで一緒に戦った宇野昌磨(トヨタ自動車)、宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)との“YMCA4ショット”を公開し、宮原の肉体美が意外な反響を呼んでいたが、海外記者は「五輪の頃より強く上手くなっている」「今からでも現役復帰プリーズ」と織田の名演を大絶賛している。

 現役時代に負けるとも劣らない演技を見せた。織田はディスコ調のメロディーに合わせ、「ヤングマン」のYMCAの振りを取り入れるなど、美しく、かつ、コミカルにファンを魅了。非公認記録ながら今季世界3位相当の高得点を叩き出した。これは羽生結弦(ANA)が9月のオータムクラシックで出した165.91点を上回ることになる。

 まさかの“羽生超え”これに反応したのが、20年以上フィギュア界に携ってきた米国のジャッキー・ウォン記者だ。自身のツイッターで「ノブナリ・オダがフリープログラムでヴィーナスのバナナラマに乗って、4回転トーループ、3回転トーループ。とにかく興奮した。彼は面白いだけじゃない」と粋な賛辞を送った。
「彼はいつでも現役復帰できる。今からでもプリーズ」
 さらに「もう一度書く。ノブナリ・オダは五輪に出ていた頃よりも現役引退した今の方があらゆる面でより強く、そして上手くなっている。彼はいつでも現役復帰できる。今からでもプリーズ」と“復帰”のお願いまでしたほどだった。

 試合後、織田はツイッターを更新し、優勝メンバー4人とポーズを決めた“YMCA4ショット”を公開。「間違いなく、今大会のMVPは織田くんだと思います」とファンから感激の声が殺到する一方、チラリと覗いた宮原のお腹に注目が集まり「さっとんの腹筋すげー」「二度見してしまった!」など思わぬ反響を呼んでいた。

 明るいキャラクターで何かと話題を振りまいてくれるのが、織田らしさでもある。海外記者も虜にするほどの魅力も変わらないままだった。

高橋大輔、復帰前の心境語る 「どんな点数が出るか知りたい」

山陽新聞デジタル によると。

 2014年10月の引退からちょうど4年、「氷上のアーティスト」が戻ってくる―。フィギュアスケート男子で10年バンクーバー冬季五輪銅メダリストの高橋大輔(32)=関大KFSC、岡山県倉敷市出身=が5日、現役復帰戦となる近畿選手権(6~8日・兵庫県尼崎市)を前に、現在の心境や抱負などを語った。

 ―復帰戦を控えた今の心境を。

 「本当に試合が始まるのかなという感じ。(全日本選手権の予選となる)ブロック大会の出場は17年ぶりくらい。国際大会などでは3日前に会場入りして練習を行うが、今回はすぐに試合に入るので、モチベーションの上げ方が以前と全然違う。公式練習も早朝なので体が動くかな」

 ―7月初めに復帰を明らかにした後、練習中に左脚内転筋を痛めた。今の状態は。

 「けがは試合には問題ないが、シーズンインの仕上がりという部分では遅れている。大会前に変えたスケート靴が足に合わず、調整も思うようにいかなかった。どう演技に影響するかは分からない。本番は気持ちで持っていくしかない」

 ―どんな演技構成で臨むか。

 「4回転ジャンプはけがの影響で練習していないので、今回はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)までで臨む」

 ―5日、さいたま市であったジャパンオープンの公式練習で織田信成さん(2013年に引退)が4回転ジャンプを成功させたが。

 「ノブ(織田信成さん)とは関大で毎日一緒に練習している。4回転を跳んだり、プログラムをパーフェクトに滑っていたりしているのを目の前で見て、刺激をもらった。あまりに良い演技をするので、『ノブが復帰した方が良かったんじゃないか。俺、なんで復帰したんだろう』と、たまにへこみましたが…」

 ―最終目標は12月の全日本選手権での最終グループ入り。近畿選手権はどんな位置付けか。

 「4年ぶりの競技会で試合勘を取り戻し、(ジャッジに)どう評価してもらい、どんな点数が出るのかを知りたい。今の自分を知ることが目的。順位は、今の状態で表彰台に乗れるかどうか。とにかく全力でやるだけ」

 ―ファンにどんな姿を見せたいか。

 「久々にお客さんの前で滑るので、相当緊張する。どのくらい緊張するか思い出そうとしても感覚として残っていない。必死に演技して、4年ぶりにどんな点数をもらえるのかを楽しみに滑りたい」

     ◇     

 近畿選手権の男子は10人がエントリー。男子は7日にショートプログラム、8日にフリーが行われる。

「ディズニーリゾートライン」もハロウィーンづくし。

Impress Watch によると。

「ディズニーリゾートライン」もハロウィーンづくし。ステッカープレゼントや各駅で異なるデコレーションも
 東京ディズニーリゾートの両パークやホテルをつなぐ「ディズニーリゾートライン」も「ディズニー・ハロウィーン」一色! 停車する各駅異なるデコレーションが楽しめ、思わず途中下車&1周したくなるほど。
「リゾートゲートウェイ・ステーション」の改札付近には怪しくゲストを迎える森が出現。今にも動き出しそうな木のシルエットやコウモリたちがざわめく様子にドキドキ。

「リゾートゲートウェイ・ステーション」の改札付近では妖しい森が出現
 続く「東京ディズニーランド・ステーション」では、パークで新しい仲間たちを探すゴーストたちがステーションにも出現! フォトロケーションでは35周年のロゴ入りパンプキンも発見できる。ここでは、フラッシュを使った撮影にもトライ。いつもは見えない“彼ら”が浮かび上がってくる。
 カカシの駅長が出迎えてくれるのは「ベイサイド・ステーション」。陽気で明るい雰囲気に思わずニッコリ。
「東京ディズニーシー・ステーション」では東京ディズニーシーにて「ハロウィーン・パーティー」を開催中のディズニーヴィランズの面々がお出迎え。「ザ・ヴィランズ・ワールド」に出演する彼らそのままに不敵な笑みでゲストを惑わす。

フラッシュでハロウィーンならではの“彼ら”が浮かび上がるフォトロケーションが楽しめる「東京ディズニーランド・ステーション」

白いコスチュームが凛々しいカカシの駅長さんにごあいさつ。「ベイサイド・ステーション」

ディズニーヴィランズたちがゲストをヴィランズの世界へ。「東京ディズニーシー・ステーション」
 もちろん各駅への移動は「ディズニー・ハロウィーン・ライナー」に乗車しよう。車両内のウィンドウには「ディズニー・ハロウィーン」のロゴとともに、怪しい森が描かれ、まるで森の中を進んでいくような気分にひたれる。夕方から夜になっていく様子もデコレーションで表現されているので時間の経過も味わってみよう。

「ディズニー・ハロウィーン・ライナー」はイエローの1編成のみの実施。乗れたらラッキー

ウィンドウにはロゴとともに夜の帳が降りてくる様子が表現されている

ゆっくりと空が暗くなり、夜に近付いていく

気が付くと真夜中に。フクロウの姿も
 なお、ハロウィーンのお楽しみといえば「トリックオアトリート」の合言葉。ステーションで近くにいるキャストに声をかけて合言葉を伝えるとオリジナルステッカーのプレゼントも! 恥ずかしがらず合言葉を言ってみよう。

お菓子で編成された「リゾートライナー」が描かれたオリジナルステッカーをプレゼント
 もちろん「ディズニー・ハロウィーン・ライナー」には「ディズニー・ハロウィーン」デザインの「フリーきっぷ」(1日フリーきっぷ:大人650円、子供330円)で乗車しよう。各駅の自動券売機にて購入することができるので忘れずに!

ハロウィーンスイーツが描かれたスペシャルな「フリーきっぷ」
 なお、4つのステーションでは「ディズニー・ハロウィーン」デザインの「スーベニアメダル」(全6種:各100円)も登場。季節ごとに図柄が変わるコレクターズアイテムなので、ぜひ1枚作ってみては!?

羽生結弦、SP首位発進 スピン0点に「『あぁ~』みたいな感じ」

スポーツ報知 によると。

男子ショートプログラム(SP)で五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=はスピンが0点になるミスがありながら97・74点をマークし、2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦で首位発進した。女子フリーはSP4位の樋口新葉(17)=東京・開智日本橋学園高=は109・47点、合計167・01点で5位に終わった。ロシアのエフゲニア・メドベージェワ(18)は204・89点で2位だった。SP2位のブレイディ・テネル(米国)が合計206・41点で優勝した。

 7か月ぶりの競技会のリンクでフィニッシュポーズを取った羽生から、苦笑いが漏れた。「悔しいです。『あぁ~』みたいな感じでした。まあジャンプを跳べてなんぼだとは思うので、プログラムとしては、まとめきることができたのかなと思う」。スピンで大きなミスがありながら、復帰戦で首位発進を決めた。

 今季からSPは後半に跳ぶ最後の1本のみ基礎点が1・1倍になる。羽生は3つのジャンプを前半に入れた。冒頭の4回転サルコーで出来栄え点3・49点を稼ぎ、難しいターンからの3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)も成功させた。最後の連続トウループで最初の4回転の着氷が詰まり、何とか3回転につなげたが「あそこでけっこう力を使った。ちょっと集中が切れてしまった」。

 後半の足替えシットスピンは大腿(だいたい)部が氷と並行になるシットの姿勢の条件を満たせず、シニアの国際スケート連盟公認大会で初めてのスピン0点。特にシットスピンは好きな技に挙げるほど得意なだけに「スピンであんなんなっちゃっていたら、もうしょうがない。まだ滑り込み切れていない」。次戦のGPフィンランド大会(11月2~4日)へ磨きをかける。

 憧れのジョニー・ウィアー氏がフリーで使用した「秋によせて」を今季のSPに選んだ。哀愁漂う世界観を披露した“初演”後、ウィアー氏からSNSで「『秋によせて』は今やユヅくんのものだ」と賛辞を贈られた。ANAスケート部の城田憲子監督も「大会を追うごとに、曲想と滑りが一致して素晴らしい作品になっていく」と期待した。