admin のすべての投稿

高橋大輔「1億5000万円集まるとは」リンク存続

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)が14日、大阪・高石市内の通年型リンク「臨海スポーツセンター改修工事完成記念式典」に出席した。

同センターはいったん閉鎖される予定だったが、高橋らの募金によって存続となった全国でも非常に珍しいリンク。高橋はイベント後の会見で「大学(関大)に入りたてのころに、高槻(市内)のリンクがなくなって、困っているところをここですべらせてもらった。(リニューアル工事が)完成したんだ、とうれしい気持ちがあります」と口にした。

同センターは08年に耐震工事の必要性が指摘されて、14年までに閉鎖される予定だった。工事費3億円の半分にあたる1億5000万円を募金できれば、大阪府が残り1億5000万円を拠出するという流れになった。

高橋は、当時を振り返って「正直、1億5000万円を集められるとは思ってなくて。でもやってダメなら受け入れられる、やらずに終わりたくないと思った」という。関大時代に練習を行ったリンクということも背中を後押しした。「臨海(スポーツセンター)では実際にお世話になっていて。もし違う地域でスケートをやっていたら、偽善者っぽくなるかなと思ったけど、臨海は実際に使わせてもらっていたところ。少しでも協力できれば、自分の名前を使えるなら使ってほしいと思っていました」と口にした。

存続運動は、全国から約13万2000人分の署名、寄付金は2万人以上から1億5200万円にのぼった。そして同センターの存続が決定した。

高橋は「結果的に1億5000万円集まると思っていなかったが、それがかなった。日本はスケートリンクが多いとはいえない。1度なくなると、新たに作るのは難しい。その危機から戻せてうれしい。もしそういうリンクが全国のどこかにあれば、希望を捨てずに頑張って欲しい。(募金で存続という)1つの形を残せたと思う。いろんなところにリンクができてほしいです」と願っていた。

高橋大輔、近畿選手権に復帰戦…首位発進

毎日新聞 によると。

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート男子銅メダリストで4年ぶりに現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)が7日、兵庫・尼崎スポーツの森で行われた近畿選手権に復帰戦として出場し、ショートプログラム(SP)で77.28点をマークして首位発進した。14年ソチ五輪以来の競技会復帰で、8日にフリーに臨む。

 冒頭にトリプルアクセル(3回転半)を決めたが、続く3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプは回転不足。足替えのキャメルスピンはレベル1と取りこぼしもあった。それでも、得意のストレートラインステップなどで観客を沸かせた。

 演技後は「スタートから足がガクガクで、つまずきそうになった。今日は楽しめていない。自分の滑りは全くできなかった」と反省。一方で「緊張感からの解放感はいいなと思う。(勝負の世界で)戦っていけるのはすごく幸せ」と充実感もにじませた。

 今大会は全日本選手権の予選会。上位13人が西日本選手権(11月1~4日、名古屋市・日本ガイシアリーナ)に出場できるが、今大会の出場者は10人のため、棄権しなければ西日本選手権に進める

織田信成、まさかの“羽生超え”名演に米記者大絶賛「今からでも現役復帰プリーズ」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本が2年ぶり9度目の優勝。話題を呼んだのは、プロスケーターの織田信成が現役さながらの演技で176.95点をマークし、貢献したことだった。試合後、ツイッターで一緒に戦った宇野昌磨(トヨタ自動車)、宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)との“YMCA4ショット”を公開し、宮原の肉体美が意外な反響を呼んでいたが、海外記者は「五輪の頃より強く上手くなっている」「今からでも現役復帰プリーズ」と織田の名演を大絶賛している。

 現役時代に負けるとも劣らない演技を見せた。織田はディスコ調のメロディーに合わせ、「ヤングマン」のYMCAの振りを取り入れるなど、美しく、かつ、コミカルにファンを魅了。非公認記録ながら今季世界3位相当の高得点を叩き出した。これは羽生結弦(ANA)が9月のオータムクラシックで出した165.91点を上回ることになる。

 まさかの“羽生超え”これに反応したのが、20年以上フィギュア界に携ってきた米国のジャッキー・ウォン記者だ。自身のツイッターで「ノブナリ・オダがフリープログラムでヴィーナスのバナナラマに乗って、4回転トーループ、3回転トーループ。とにかく興奮した。彼は面白いだけじゃない」と粋な賛辞を送った。
「彼はいつでも現役復帰できる。今からでもプリーズ」
 さらに「もう一度書く。ノブナリ・オダは五輪に出ていた頃よりも現役引退した今の方があらゆる面でより強く、そして上手くなっている。彼はいつでも現役復帰できる。今からでもプリーズ」と“復帰”のお願いまでしたほどだった。

 試合後、織田はツイッターを更新し、優勝メンバー4人とポーズを決めた“YMCA4ショット”を公開。「間違いなく、今大会のMVPは織田くんだと思います」とファンから感激の声が殺到する一方、チラリと覗いた宮原のお腹に注目が集まり「さっとんの腹筋すげー」「二度見してしまった!」など思わぬ反響を呼んでいた。

 明るいキャラクターで何かと話題を振りまいてくれるのが、織田らしさでもある。海外記者も虜にするほどの魅力も変わらないままだった。