admin のすべての投稿

紀平梨花は3Aだけじゃない…米メディアが「日本の新スターになれる」と称賛した理由

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を破った戴冠は絶大なインパクトを残したが、米メディアは「技術力」と「総合力」を持っていると指摘。「彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」と評している。

「2018グランプリファイナル考:新時代の幕開け」と題し、大会を総括したのは米国のジャッキー・ウォン記者が運営するブログメディア「ロッカースケーティング」だった。

「キヒラが輝く」と小見出しを打った記事では「ショートプログラムでリカ・キヒラはアンストッパブルだった。なぜなら彼女はトリプルアクセルを決め、自動的にほぼ全員に対して基礎点で5点のアドバンテージを得たからだ」と絶対的な武器を持つ16歳を高く評価。「キヒラと、ゲームチェンジャーとなる彼女の3本のトリプルアクセルは3月の世界選手権でも頂点に立つことができるだろう」とし、「もし2つのプログラムをクリーンに演じれば、今の彼女は無敵だ」と早くも世界選手権本命に挙げた。

 さらに、紀平の出現が女子におけるジャンプの高難度化を促すと指摘。「この潜在的支配力は他の選手にここ数年棚上げにしていたより難易度の高いジャンプを完成させるという行動を促すだろう。勝てない相手なら仲間になれ、そうだろう?」と記した。
「新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言
 紀平はSP、フリーで計3本跳び、コンビネーションにしていることも紹介した上で「もし、彼女が継続的にSPで80点以上、フリーで150点以上取るようであれば、他の選手が彼女と競うための唯一の道は3本跳ぶことだ」と言及。紀平と互角の戦いを演じるのであれば、同様に3回転アクセルを3本跳ぶしかないとみている。

 記事では、トゥクタミシェワも含め、3回転アクセルを跳ぶ選手が複数いることが“新時代”と評する理由の一つに挙げ、「まだこれが何かの始まりだと断定するのは早計だが、もしそうなるなら、キヒラが少なくとも新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言し、こう締めくくっている。

「技術的難易度の質の高さと、総合的なスケーティングの質の高さ――それをリカ・キヒラは持っている。彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」

 浅田真央さんの引退以降、宮原知子が牽引してきた日本女子に現れた16歳の新星。3回転アクセルといった「技術力」だけじゃない、スケーターとして「総合力」こそが強さの理由にある。紀平の才能は高く評価されている。

2年連続銀の宇野昌磨「今回こそはという気持ちで挑んだんですけど」

デイリースポーツ によると。

 男子フリーが行われ、SP1位で世界王者のネーサン・チェン(19)=米国=がフリー1位の189・43点をマーク。トータルでは今季ベストの282・42点で連覇を達成した。SP2位の平昌五輪銀メダリスト宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー183・43点、トータル275・10点で2位に終わった。今年は平昌五輪、世界選手権とも銀メダルに終わっていたが、ファイナルも2年連続の銀メダル。またしても世界一に届かなかった。

 フリーを終え「決していい演技ではなかった。今季、試合が終わる度に同じような感想を述べていると思うんですけど、今回こそはという気持ちで挑んだんですけど、うまくいかなかった」と、振り返った。

 宇野は前半の4回転ジャンプでミスが出た。冒頭の4回転サルコーで大きな回転不足を取られると、続く4回転フリップもわずかな回転不足の判定。後半の連続ジャンプを着実に決め演技をまとめきったが、チェンには届かなかった。

安藤美姫、今一番注目しているのは紀平梨花…3Aだけでなく「表現力やステップ、スピンにも注目」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの元世界女王、安藤美姫(30)が7日、ららぽーと豊洲の「Sea Sideアイススケートリンク」オープニングイベントに登場。注目している選手について語った。

 ロシア杯で右足首の負傷のため、GPファイナル欠場を決めた羽生結弦(24=ANA)については「世界中が残念、心配と思っていると思うんですけど、けがとうまく付き合っていくというポテンシャルのある選手なので、応援することが一番のけがの回復につながるのでは」とし、安静にして、次の試合に備えてほしいと語った。

 この日開幕のフィギュアスケートGPフィナルに出場している宇野昌磨(20=トヨタ自動車)については、同じ地元・名古屋で幼い頃から知っているとし「違う先生だったので関わりはなかったんですが、小さい頃からずっと見ているんですけど、本当に努力する選手。頑張ってほしいと思います」とエール。

 一方、女子では、五輪経験者の宮原知子(20=関大)と坂本花織(18=シスメックス)は「世界の頂点が狙える選手」と賞賛。総合力のある宮原、リンク内外でキャラクターギャップが面白い坂本、と紹介した。

 その中でも最も注目したいのは、紀平梨花(16=関大KFSC)。「夏のアイスショーでもご一緒させていただいたんですけど、練習中からジャンプの質もとてもきれいで。確実にトリプルアクセル(3A)を質よく決めてくるのは、すごく自信があるんだなと思います」とし、さらにトリプルアクセルだけでなく「表現力やステップ、スピンにも注目してほしい」とも。その期待に応えるように、この日カナダで行われたGPファイナルの女子SPで紀平は3Aをきっちり決めルール改正後の世界最高得点となる82・51点をマークして首位に立った。

 また、今季、選手として復帰を果たし、全日本選手権に出場をする高橋大輔(32=関大KFSC)については「表現者として戻ってくれてうれしかった。リンクの上にいるだけで幸せ。日本中が世界中が喜びにあふれた瞬間でした」と喜んだ。

紀平梨花、逆転V 日本人初GPデビューから連勝「本当にうれしい」

スポーツ報知 によると。

 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位発進の紀平梨花(16)=関大KFSC=が138・28点、合計205・92点で逆転優勝。日本勢初のGPデビューから2連勝でGPファイナル(12月6~9日、カナダ・バンクーバー)出場を決めた。SP首位の三原舞依(19)=シスメックス=は134・86点、合計202・81点で2位。平昌五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=は4位だった。

 紀平の心は揺れていた。「どうしよう。脚に力が入らない」。好調だった朝の公式練習から一転、時差ぼけの影響でフリー直前の6分間練習は状態が急変していた。だが、初めての経験にも動じないのが16歳の強さ。「できる限りの演技をしよう。練習と思って」。冒頭の大技3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)で着氷をこらえた瞬間「自分の筋肉では精いっぱい」と感じ取ると、2本目はトリプルアクセルをあきらめ、2回転半―3回転の連続ジャンプに変更して成功。土壇場での冷静さが逆転優勝を引き寄せた。日本勢初のGPデビュー2連勝に「優勝できたことは本当にうれしい。脚に力が入らない状態での最高の演技だったと思う」。

 トリプルアクセルはSPとフリーで成功0本でも優勝する地力を発揮し、浜田美栄コーチも「緊張の中でもできるようになり、少しお姉さんになったかな」と成長を実感した。ジュニア時代から練習や試合の反省点を携帯電話のメモ帳に書き留めてきた努力家は「冷静に判断できたのも経験から。積み重ねたものが身についてきた」と胸を張った。

 ジュニア時代から磨きをかけてきたのはジャンプだけではない。週に2~3回通っているダンススクールは、芸能デビューを目指すような高い意識の生徒ばかりが通っている。日々、高いレベルの中でダンスを学び、表現力を身につけてきた。シニア1年目ながら、芸術面を評価する演技構成点は5項目全てで8点台。地球の誕生をテーマとした「ビューティフルストーム」の雷や波の激しい音とともに、力強く舞った。

 次戦のGPファイナルでは、五輪女王で同学年のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=との直接対決。「完璧の状態で自己ベストを更新できるように頑張りたい」と誓った。

ダッフィーとおそろいの帽子も!冬のケープコッドを楽しむ“激かわ”グッズ

ウォーカープラス によると。

今年の冬も、東京ディズニーシーにはダッフィー&フレンズのキュートなグッズが目白押し!クリスマスをテーマとしたグッズの他に、冬のケープコッドで天体観測を楽しむダッフィー&フレンズがデザインされたグッズも展開されている。

今回紹介するのは、後者の「ダッフィーのトゥインクルウィンター」シリーズ。冬のパークで活躍する“あったかアイテム”も登場しており、なかでもおすすめなのが「ニットキャップ」(3000円)だ。ダッフィー、シェリーメイの2種類がそろい、ぬいぐるみ(S)に着せる「コスチュームセット」(4800円)のイメージに合わせたデザインになっている。

かわいい耳付きのニットキャップをかぶれば、気分が上がること間違いなし!ぜひ自分のダッフィー&フレンズにも同シリーズの「コスチュームセット」を着せて、一緒にパークを散策しよう。

「ブランケット」(4800円)もこの時期ならではの商品。手触り抜群のブランケットは、冷えた体を優しく暖めてくれそう。ニットキャップをかぶったダッフィーの顔が大きくあしらわれた、収納用のきんちゃくも付いている。

その他、ポケットが充実していて使い勝手の良い「トートバッグ」(3800円)など、かわいさと機能性を兼ね備えたグッズもそろう。ダッフィーファンはお見逃しなく!