紀平梨花は3Aだけじゃない…米メディアが「日本の新スターになれる」と称賛した理由

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初優勝を飾った紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を破った戴冠は絶大なインパクトを残したが、米メディアは「技術力」と「総合力」を持っていると指摘。「彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」と評している。

「2018グランプリファイナル考:新時代の幕開け」と題し、大会を総括したのは米国のジャッキー・ウォン記者が運営するブログメディア「ロッカースケーティング」だった。

「キヒラが輝く」と小見出しを打った記事では「ショートプログラムでリカ・キヒラはアンストッパブルだった。なぜなら彼女はトリプルアクセルを決め、自動的にほぼ全員に対して基礎点で5点のアドバンテージを得たからだ」と絶対的な武器を持つ16歳を高く評価。「キヒラと、ゲームチェンジャーとなる彼女の3本のトリプルアクセルは3月の世界選手権でも頂点に立つことができるだろう」とし、「もし2つのプログラムをクリーンに演じれば、今の彼女は無敵だ」と早くも世界選手権本命に挙げた。

 さらに、紀平の出現が女子におけるジャンプの高難度化を促すと指摘。「この潜在的支配力は他の選手にここ数年棚上げにしていたより難易度の高いジャンプを完成させるという行動を促すだろう。勝てない相手なら仲間になれ、そうだろう?」と記した。
「新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言
 紀平はSP、フリーで計3本跳び、コンビネーションにしていることも紹介した上で「もし、彼女が継続的にSPで80点以上、フリーで150点以上取るようであれば、他の選手が彼女と競うための唯一の道は3本跳ぶことだ」と言及。紀平と互角の戦いを演じるのであれば、同様に3回転アクセルを3本跳ぶしかないとみている。

 記事では、トゥクタミシェワも含め、3回転アクセルを跳ぶ選手が複数いることが“新時代”と評する理由の一つに挙げ、「まだこれが何かの始まりだと断定するのは早計だが、もしそうなるなら、キヒラが少なくとも新時代のスターの一人となることは確信していい」と断言し、こう締めくくっている。

「技術的難易度の質の高さと、総合的なスケーティングの質の高さ――それをリカ・キヒラは持っている。彼女は日本のスケート界で輝くニュースターとなるための全てを持ち合わせている」

 浅田真央さんの引退以降、宮原知子が牽引してきた日本女子に現れた16歳の新星。3回転アクセルといった「技術力」だけじゃない、スケーターとして「総合力」こそが強さの理由にある。紀平の才能は高く評価されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください