羽生結弦が現役続行を表明 前人未到の4回転半跳びたい!3月世界選手権でV目指す

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケート男子でソチ五輪、平昌五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が11日、来季も現役続行することを表明した。昨年11月に負った右足首の負傷から復帰を目指す羽生は「日本スポーツ賞(読売新聞社制定)」と「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の大賞を受賞。この日、都内で行われた表彰式を欠席したが、ビデオメッセージで「来季こそGPシリーズを通して優勝を目指します!」と、宣言。悲願の4回転半ジャンプへの意気込みも示した。

 羽生結弦は、来季も勝負の銀盤の上に立つ。昨年11月のロシア杯で右足首のじん帯を損傷し、現在はカナダ、トロントで調整中のため、この日、都内で行われた2つの表彰式を欠席。代わりに流されたビデオメッセージの中で、電撃的に来季への意気込みが語られた。

 「今季はいい演技ができ始めていましたが、ロシア大会でけがをしてしまい、GPファイナル、全日本選手権と欠場となってしまいました。来シーズンこそGPシリーズを通して優勝を目指したいと思います。より一層努力していきます」

 さらに今季中に構成に組み込む予定ながら、けがのため断念せざるを得なかった“夢のジャンプ”にも改めて挑戦を明言。「4A込みのパーフェクトパッケージを目指します!!」。まだ誰も成功していない夢の4回転半ジャンプへの意気込みを記した直筆メッセージが披露された。

 羽生は平昌五輪後、4年後の22年北京五輪挑戦は明言していない。昨年8月に行われた公開練習の際には、残りの現役生活について「終わりが近づいている感覚は?」との問いに「それはあります」と、答えていた。ただ今季はロシア杯での負傷により、GPファイナル、全日本選手権を断念。現状で不完全燃焼であることに加え、「4A」への思いが、来季への思いを駆り立てた。

 すでに氷上練習を再開しており、まずは今季、3月の世界選手権(埼玉)での復帰を目指す。“銀盤のスーパーヒーロー”が描く氷上の軌跡には、まだまだ続きがある。

「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が、いよいよ3月25日(月)にグランドフィナーレ! 

cinemacafe.net によると。

「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が、いよいよ3月25日(月)にグランドフィナーレ! 実に様々なハピネスやトピックスを連日のように提供し続けた35周年イベントの要素を“ギュッ”と凝縮したグッズ、約25種類が、1月7日(月)にパーク内で一気に販売となる。

注目はミッキーマウスの顔の形をしたクッションで、これは35周年スペシャルメニューとして登場したビジュアルのインパクトが抜群の、あの“ミッキーパン”がモチーフ。パンの質感など細部まで再現している。ほかにも、コットンキャンディー風味のスペシャルチュロスがボールペンに! 35周年の特別なデザインのパークチケットは、メモになって登場する。

様々な種類が入っているおせんべいは、食べ終わった箱も再利用が可能。購入したグッズやパークで入手したTodayなど35周年の思い出の品を詰め込み、自分だけの宝箱に。表が透明なので、そのまま飾ってもOKだ。

また、ラッピングモノレール「ハピエストセレブレーション・ライナー」は、お菓子の箱になって登場する。中には35周年のコスチュームを着たディズニーキャラクターをデザインしたカードが入っていて、外箱は連結が可能なため、お菓子を食べ終わってもなお遊べるといううれしい仕様。

そして、祝祭感いっぱいの「セレブレーションタワー」に設置しているミッキーマウスの像が、キーチェーンとして登場する予定。グランドオープン、10周年、25周年、35周年のミッキーマウスが4個セットになったキーチェーンのセットで、これは家族や友達とシェアしてもうれしい。

その「セレブレーションストリート」の夜の演出を、見る角度によって4パターンに絵が変わる、ポストカードとしても販売する。あの美しく輝く夜の演出を、いつまでも手元でプレイバックして楽しめ、思い出に残る。

最注目は両パークの各所に合計35体設置している、そのエリアならではの様々なコスチュームを着てポーズをしたミッキーマウスの像「ハピエストミッキースポット」のポストカード! このデザイン画を基にした35種類のミッキーマウスを描いたポストカードが缶のケースに入って登場。写真の状態でクオリティーも高そうで、これは売切れ必至な予感がする。

35周年のイベントは、泣いても笑っても残り2か月と少しだ。“Happiest”な体験でいっぱいの東京ディズニーリゾートでの思い出を、スペシャルグッズと一緒に持ち帰って、自宅でも“Happiest”なひと時を大満喫してみて!

高橋大輔、公式練習で4回転トウループ着氷

スポーツ報知 によると。

 男子フリー(24日)に向けた公式練習が行われた。22日のSPで2位発進した10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(関大KFSC)は、曲かけ練習で3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)など3本のジャンプを跳び、全て着氷。ステップなど表現面も曲に合わせて入念に確認した。曲かけ練習後には、フリーで投入を見据える4回転トウループも着氷した。

 5年ぶりに全日本へ出場している高橋は、SPで88・52点をマーク。表現力を示す演技構成点は45・14点の好スコアを出して健在を示した。フリーでも快進撃を続け、2位だった12年大会(札幌)以来、6年ぶりの表彰台を目指す。

 フリーは23番滑走で、24日午後8時55分にスタートする。

“世界一”高橋大輔のステップの秘密

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月、さいたま)の代表選考を兼ねた全日本選手権が今日21日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕する。今季現役復帰し、5大会ぶり出場の男子・高橋大輔(32=関大KFSC)。「世界一」と称されるステップの訳を国際スケート連盟(ISU)テクニカルスペシャリストの山井真美子さん(38)に聞いた。

4回転ジャンプなしで予選会を勝ち抜いた高橋は、唯一無二の滑りで4シーズンのブランクを埋めてきた。復帰後の姿勢をISUテクニカルスペシャリストの山井さんは「『もういいや』がなく、泥臭く練習できる」とたたえる。ステップなど各要素のレベルを判定する専門家の目線から、定期的に助言を送ってきた。

グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯など国際大会で審査する山井さんは、高橋のステップについて<1>難しいステップを踏みながら体の動きを使える<2>音をとれる<3>エッジ(刃)がディープ、と3つの良さを挙げる。「体の動き」とは体幹のバランスに影響が出るところまで、頭から両脚までの各部位をはっきりと使うことを意味し、レベル判定に影響する。多くの選手は「腕から先はすごく動くけれど、エッジにばかり気を取られる」が、高橋は全身を動かしきる。音を捉える天性の才能に加え、ステップ練習時によく転ぶほど「極限まで深くエッジを倒せる。それを誰よりも意識している」ことで、人を魅了する作品になる。

05年NHK杯ショートプログラム(SP)のステップは、最高のレベル4を世界で初めて獲得。それでも今夏の復帰当初、思うように体が動かない様子だったという。長光コーチは「トップ選手なのに、地道に基礎のスケーティングをやっていた」と土台から見直し、西日本選手権フリーでレベル4を獲得。高橋自ら「昔よりステップはうまくなった」と評す武器は熟成し、味の深みを増している。